スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GAS / 『POP』

先日、出産を間近に控えた友人に
"胎教に良い音楽"はないかと聞かれました。
マタニティ雑誌を読むと、主にクラッシックが良いと書いてあったり
胎教CDというコンピレーションも出てたりして
ゆったりした気分で聴くと、とても良い効果が現れるのだそうです。
しかし、それはあくまでお母さん側への効果。
お母さんがゆったりした気持ちになるということは、
勿論、お腹の赤ちゃんにとっても大事な事なのですが
赤ちゃんが本当に必要なのはビート(心臓の鼓動)なのだそうです。
これは立証済みなので、これから将来出産を控えている方々には
是非憶えていてほしいと思います。
赤ちゃんが生まれてからも、
あなたの安眠を保証すること間違いなしです。。。



そこで私が友人に薦めたアンビエント。
Gas名義でミル・プラトーからリリースされた
Wolfgang Voigt(ウォルフガング・ヴォイト)の作品。


『Pop』/ GAS ('00)
Pop
 ビートといってもM-4M-7だけ。
 それもドキドキのビートではなく、
 ゆったりした心臓の鼓動のように緩いリズムです。
 他の曲は、まるで自分自身が胎児になったような感じ。
 ディープな場所で目覚めを待っているかのよう。


▼last.fm/music/Gas/Pop



とりあえず友人は気に入ってくれました。
「こんな音楽ばかり集めたCDを作ってほしい!」と。
とほほ。







スポンサーサイト

TAG :
GAS

Tommy Guerrero / 『A Little Bit Of Somethin'』

サンフランシスコの元プロ・スケートボーダーで、
ファッションやストリートカルチャーのカリスマとして知られているTommy Guerrero
現在は打ち込みを基本にしたポストロック、エクスペリメンタルのアーティストとして活躍しています。


Tommy Guerreroの音に出会ったのは、某マヨネーズのCM。
悲しげなギターの音とノイズの混じったビートに
持っていた箸を落としたほど。(なんか食べてました)
速攻調べてみると
Tommy Guerrero自身が、このCMのために書き下ろした曲だったと知ったのです。
手に入れるのは無理かと思いきや、このアルバムにフルヴァージョンが収録されているとのことを知り入手。


『A Little Bit Of Somethin'』
A Little Bit Of Somethin'
 
 イギリス、Mo'Waxレーベルからのリリース。
 の"Blue Masses"がCM曲。





全体のイメージは
まるで、サーフィンをしたあと木陰で休んでいるような感じ。
ジャジーな曲もあれば、アコギで一休みする曲も。
ビーチでボーッとする時におすすめの一枚です。

『A Little Bit Of Somethin'』 Sumples




Blue Masses - Tommy Guerrero



TAG :
TommyGuerrero

【π】

'97公開のアメリカ映画
ダーレン・アロノフスキー監督の作品 【π】


~Story~
世の中の出来事には全て、数学的法則があると信じた数学者が
ある数字の法則を見出す。
やがて、その法則を利用しようと陰謀を企てるユダヤ人や
株屋につきまとわれ、
主人公はだんだん苦悩の底へ落ちていく。
しかし苦悩の原因はそれではなく、
解明できた真相が負担になり始める。
そして主人公は、人間の脳に理解できる代物では無い、
膨大な情報量を処理できなかったために、自らを崩壊していく・・。





リンチのイレイザーヘッドを連想させるモノクロ画面が
雰囲気を醸し出しているし、ザラつき感がいい。
この先どんな事が起きるんだろうか!!
と思っていたら、「???・・・・!!!」
数学の大嫌いな私はいきなり拒否反応。
それに、作品に鳴り響く不快な金属音や頭痛に悩まされる主人公の発作、
物語の意味(数字の意味)を理解しようとして
こちらも頭痛がしてくる始末。
こういうところは、監督の上手い手法だなと。
理解するのにかなり大変な映画なのだけれど、
私に分かった事はただ一つ。
凡人に生まれてヨカッタということだけ。
物事を深くじっくり考える事は結構楽しい。
しかし、世の中には不可解な事や解明できていない事がたくさんあって、
それを追求しすぎて、壊れていく人も。
そして何もかも分かったとしても、いきなり虚無感に襲われることもあるかもしれません。
人間の脳にも限界があるのですから・・。





【π】 Original Sound Track
π Original Sound Track
 Pop Will Eat ItselfのフロントマンだったClint Mansell
 David HolmesOrbital
 AutechreMassive Attack
 Roni Size Aphex Twinなど


映像とマッチした尖鋭的なエレクトロニカが、あなたの脳を侵略してきます。
【π】Sound Track Samples







クリント・マンセル音楽担当、関連作品

【Requiem For A Dream】
Requiem For A Dream
 
 こちらもダーレン・アロノフスキー監督の作品です。
 未見なので、映画レビューはまたの機会に・・・。


【Requiem For A Dream】Sound Track Samples













BOY ROBOT 『Rotten Cocktails』

スウェーデンのHans MollerとベルリンのMichael Zornの
エレクトロニカユニットBoy Robot
City Centre Officesレーベルからの2ndアルバム
『Rotten Cocktails』の紹介です。




Rotten Cocktails
Rotten Cocktails

BOC(ボーズオブカナダ)Monolake
 を思わせるような極上アンビエンスの①、④
 フロアで展開する4/4ビートの
 まるでリチャード・D・ジェームス(AphexTwin)が憑依したかのような
 古典的なエレクトロニカを打ち出す




全体的に漂うインテリジェントテクノとリスニングハウスによって
じわじわと耳を刺激されるようです。
90年代に生み落とされたPlaid=Blag Dog
初期Aphex初期AutechreのようなWarpサウンドは
決して『Rotten Cocktails(腐ったカクテル)』=賞味期限切れ
ではないことを確信することでしょう。



『Rotten Cocktails』 Samples 










Casino Versus Japan

あまりに暑すぎて、近頃耳はエレクトロニカばかり欲しがってます。

冷たいシンセの音は涼しくさせてくれるし、
何しろ興奮を和らげてくれます。
暑い!と言ってるわりには聴いているアルバムのタイトルは

"Go Hawaii"
ミルウォーキーからのエレクトロニカ
Casino Versus japan
ハワイ行こ!のわりには、涼しくさせてくれる音。
ほのぼとした素朴な感じのメロディを聴かせてくれます。
"Go Hawaii"のはこちらで。




まだまだ!もっと涼しいのを~!と言うあなたには
2ndアルバムを。


"Whole Numbers Play the Basics"

1stと違ってミニマル感も強く、
スペイシーな感覚が気持ち良い。
知らないうちに、ありとあらゆる感情を掻き消してくれます。




とりあえずこれ聴いてるうちは、エアコンいらないかな。
(ってことはないか)



Casino Versus Japan オフィシャル
いきなり涼しい気分になれますよ。







TAG :
CasinoVersusJapan

PING PONG Original Motin Picture Sund Track

あつがなついですね。ガリガリくん食べてますか?


この世界観。やっぱり原作の松本大洋の漫画は好きだなぁ。
映画版のキャスティング、窪塚もハマり役だったし、ARATAもかっこいいし、チャイナもドラゴンもアクマも、この役をするためだけの俳優という感じがして(全然ホメ言葉になってない)とても楽しめました。
私にしてはめずらしく、邦画なのに3回も観てしまいました。




そして、も一つハマってしまったのがサントラです。


PING PONG Original Motin Picture Sund Track

やはりスーパーカーの"YUMEGIWA LAST BOY"と"Free Your Soul"でしょう。
あのイントロを聴くと、会社の嫌な上司の事も
近所のゴミの出し方に五月蝿いおばさんの事も
昨日は50円安かったのに!と並ぶタマゴの事も
最近また出現してきたゴキブリの事も
「あんたたち、うるさいよ?」と
もう、どーでも良くなってしまいます。

スーパーカーだけでなく、プロデュース担当の砂原良徳、卓球、
BOOM BOOM SATELLITES
と豪華メンバー。
この面子ではテクノ一色のような気がしますが
全体的に懐かしさのただよう、柔らかい感じのBGMもあって
SUBTLEの"Spring Sponsor"など
学生の頃、友人とくだらない会話をしながら帰った風景を思い出させてくれます。





「キャベツ太郎食べる?あんまおいしくないけど」









Boards Of Canada

無限のループというと、
伊藤潤二の「うずまき」という漫画を思い出しますが
エレクトロニカのお話です。


私はずっと、「同じメロディ、リズムの繰り返しを聴いて
どこが面白いんだろう・・・」と思ってました。
なんかこう、出口の見えないトンネルをずっと走り続けていくような感覚。
たまに耳をかすめる何かを感じたり、トンネルの繋ぎ目が見えたり、淡々と続いていく風景のループ。
退屈でしょうがない気がしますよね。
しかしやっと出口の光が見えた瞬間、信じられない開放感に包まれることがあるのです。
そんな感覚を音で体感できるのが、
スコットランドのMichael SandinsonとMarcus EoinのエレクトロニカユニットBoards Of Canada
その常用性のある音は、今や世界中で絶賛されています。




Twoism
'96、自主レーベルからリリースされた作品。
「僕達がこの世に出てこられたのはオウテカのおかげ」
オウテカからオファーを受け、共にライブ活動をするようになります。
"Seeya Later"のリズムが睡眠効果あり。





Music Has the Right to Children
'98、skam&warpレーベルからリリース。
Boards Of Canadaという名を世界中に知らしめた作品。
"Happy Cycling"がまさにトンネル効果。後半美しい世界が広がります。
"Roygbiv"はBoards Of Canada一の名曲といっていい程。


~ここでちょっと一息。(まめ)知識~
"Roygbiv"とは、虹の色の頭文字を取って作った言葉。
RedOrangeYellowGreenBlueIndigoVioletの七色です。





In a Beautiful Place Out In The Country
'00リリース4曲入りシングル。
わざわざシングルを紹介するには意味があります。
"In A Beautiful Place Out In The Country"の幻想的な音
"Amo Bishop Roden"の万華鏡の世界のように美しい曲のコンピ。
覗きたくなりませんか?






Geogaddi
'02リリース、最も待ち望んだ作品でした。
ダウンビートに乗せて奏でるノスタルジックなメロディ。
レコードの逆回転の音のサンプルを使った不思議な空間。
"You Could Feel the Sky"はまるで船に揺られている感覚。
酔いはしません、しかしどこか遠くにトリップします。
この極上の心地良さは、とても文字で表せられるものではありません。





Boards Of Canadaはどこまで進化していくのだろう。
そんな不安にも似た感情を抱きつつ
私は今夜も「寝る時用CD」としてコンポにセットするのです。



スペシャルなオフィはこちら。癒されてください。


7/17更新
そしてオフィシャルにて、10月に新譜発表予定ということです。
宇 宙 の 排 泄 物 - kinya_0805さんより






TAG :
BoardsOfCanada
Profile


Author:NA__roygbiv

Archives
03  03  02  12  09  08  05  04  03  02  01  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03 
ArtistTagCloud

BoardsOfCanada  Epic45  TelefonTelAviv  Tycho  MassiveAttack  Christ.  Clark  Bibio  Autechre  TheRadioDept.  Manual  AlexanderKowalski  鉄コン筋クリート  TOSCA  PinkFloyd  TheAlbumLeaf  te'  DeathCabForCutie  残響レコード  SigurRos  CubeJuice  BIOSPHERE  CARIBOU  Apparat  STYROFOAM  Multiplex  Fujifabric  伊藤潤二  UNDERWORLD  NineInchNails  Mogwai  sonna  Orbital  Labradford  Control  Biosphere  8-BitOperators  Copeland  EBB  ErikMongrain  downy  motek  xtc  aerial  airiel  sleepy.ab  FrozenSilence  Goodbye  arovane  kyte  joydivision  Soundpool  DakotaSuite  Video  UlrichSchnauss  Nobody&MysticChordsOfMemory  PlasticOperator  Savath&Savalas  UNKLE  Portishead  PLUG  SilentHill  KingsOfConvenience  山岡晃  Plaid  FourTet  EF  POPFACE  Skyphone  lostage  BenWatt  Slagsmålsklubben  TheDaysleepers  Jeniferever  Pogo  Caribou  ToroYMoi  Echodrone  KillingBoy  TheSoftMoon  YPPAH  RobinGuthrie  Console  Stateless  LettingUpDespiteGreatFaults  TheFlashbulb  Conelrad  LITE  mono  BoyIsFiction  TommyGuerrero  RjValeo  TheFallofBossKoala  CiaranByrne  StafrænnHákon  TimKoch  BoyInStatic  NosajThing  UnderByen  GAS  CasinoVersusJapan  BoyRobot  NorthernChorus  sgt.  AndersIlar  AmusementParksOnFire  Fieldtriqp  AnotherElectronicMusician  Felt  VariousArtists  euphoria  SecretFrequencyCrew  copeland  YndiHalda  Vessels  Helios  Marumari  

Genres
Comments
Blog Friends(fc2)

Abstract Feelings

ポストロック・デイズ/post rock days
Music Blog


Links
このページのトップへ
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。