スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dr. Robert Moog

MOOGシンセサイザーの生みの親
Dr. Robert Moog氏が、脳腫瘍のため21日お亡くなりになりました。


中学生の時に音楽の先生が、リック・ウェイクマン(イエスのキーボード奏者)の曲と、
エマーソン・レイク&パーマー(ELP)の「展覧会の絵」を聴かせてくれました。
リック・ウェイクマンの奏法にも驚きでしたが、
高らかに鳴り響く、シンセの音に感動したのを今でも覚えています。
その他ビートルズにピンク・フロイドやディーボ、
最近ではステレオ・ラブやトータスなど、多くのミュージシャンが
MOOGシンセがなければ、話にならなかった・・というほどの偉大な楽器です。
MOOG氏は、まさに今のエレクトロミュージックシーンの基盤を作った人なのです。



ご冥福をお祈りします。。。。





Moog映画【MOOG】のサウンドトラック
Stereolab、Devo、Tortoise、
The Cure、Money Mark、Luke Vibert
らが
楽曲を提供。



【MOOG】
MOOG

Dr. Robert Moogのドキュメンタリー映画。
キース・エマーソンリック・ウェイクマンも出演しています。








スポンサーサイト

PLUG 【Drum 'N' Bass for Papa】


LuKe ViBeRt



Luke Vibertといえば、WAGON CHRIST、そしてPLUG
いろんな名義でアルバムをリリースしていますが(しかもほぼ同時期)
実はそれだけではなく、スチール・ギターの名手BJ COLEとのコラボ、
NINE INCH NAILS、SQUAREPUSHER、APHEX TWIN、TORTOISE、STEREOLAB
などの曲をリミックスも手掛けています。
そして2003年のエレクトラグライドに来日。
昨年にはWAGON CHRIST名義で『Sorry I Make You Lush』をリリースしました。
忙しい人ですな。




Drum 'N' Bass for Papa/Plug EP's 1, 2 & 3CDの整理をしていたら
たまたま出てきたDrum 'N' Bass。
このジャケの人もルーク・ヴァイバート。
"PLUG"名義でそのタイトルも
『Drum 'N' Bass for Papa』
97年リリースです。
そのまんまドラムンベース。
しかしジャジーな曲調や、
アンビエンスを匂わせるような繊細な音もあり、
ドラムンはちょっと・・と言う人にも、すんなり受け入れられるような気がします。(実は私もそうでした)
M-7、8、9の流れは天才的で変態的。WAGON CHRISTでもそのキレっぷりを披露してくれていますが、そのルークを知るにはまず、この一枚。



Samples 









TAG :
PLUG

JOHN BELTRAN  【Ten Days of Blue】

John Beltran、最近はJazz、ラテンミュージック寄りの彼ですが、
96年にリリースされたこのアルバムは、
ロマンティックなリスニングテクノ。



「僕自身もかなりロマンティックだから、
音楽もそういった要素をもっているんだと思う」と、
普通なら「え?」と聞き返されるような事をサラッと言ってますが。
どうやら彼は『マッド・マイク病』(別名ロマンティック病)らしいのです。
この病気は90年代にデトロイトテクノによって感染。
UKのイアン・オブライエンや、フランスのローラン・ガルニエが代表的感染者。
どんな風にロマンティックなのか、このアルバムを聴けば分かるかなと。



【Ten Days of Blue】
Ten Days of Blue






      

  Samples 





M-2、6、7の音が涼しげ。
デトロイトテクノとアンビエントの融合。
都会的な煌びやかなメロディ。
深く静かにたたみかけるビート。
なるほどロマンティックです。
近年のアルバムはラテン寄りとありますが、
ラテンの血を引く彼なので、それは仕方ないようです。
でも個人的にはまた、このようなロマンティックな音を期待しているのでした・・。










KENT

叙情派エモロック
ここ何日かは、忙しくて落ち着いて音楽が聴けなかったけれど、
帰りの車の中で聴いてた曲。
KENTです。
www.kent.nu



KENTはスウェーデンのバンド。
'95にKENTとしてデビュー、7枚のアルバムをリリースしています。
その中で特におすすめしたい3枚。
いずれもスウェ語盤もあり、違った感覚で聴いても面白いかもです。
(たまに舌巻いてます)




『Isola』
Isola
'97リリース。
よくスウェーデンのRadiohead
言われてるらしいのですが、個人的にはそれ以上。
M-6、12を聴くと
納得してもらえると思います。


Samples





『Hagnesta Hill』
Hagnesta Hill
'00リリース。
音に厚みも出てきて、ダンサブルな曲も。
全体的にオアシスっぽいイントロが多い。
まさに2000年頃の音という感じ。
UKロック好きなら絶対気に入ります。


Samples





『Vapen & Ammunition』
Vapen & Ammunition
'02リリース。
KENTの良さとは、やはり「泣きメロ」です。
落ち着いた雰囲気の中からじわじわと来る
あの感覚。
エモロックというよりポップスな感じですが
その親しみやすさが、逆にホッとさせるのです。

Samples






疲れた身体を癒したい時、
空を見上げて涙をこらえる時、
夕焼けを見ながら家路につく時、
それが田舎のたんぼのあぜ道であっても
都会の雑踏の中だったとしても、
そんな場面にしっくりくる音楽です。








aM

SUPERCARのドラム、田沢公大(コーダイ)のユニットが
10/19にアルバムをリリースします。

ユニット名は【aM】
タイトルは『KNEwwaVE』(ニューウェイブ)
コーダイってどんな人だったっけ?と、
うちにある過去のロッキンオンジャパンをパラパラすると、
「ん?」と、あまり存在感の無かった彼ですが、
スーパーカーが解散する時、最後までゴネてたそうです。
もっとゴネて欲しかったなー。


それはさておき、このaM
サウンドエンジニア兼、スーパーカーのプロデューサーだった
カナイ・ヒロアキとのエレクトロニカユニット。
FLAVA(中村弘二も参加)を前身として活動していたそうで、
今回のアルバムは約2年振り。
今年のRock In Japan Fesにも出演しました。


まずは一作目の『cross_the_circle』


cross the circle
 スーパーカーでは実験的な音作りでしたが
 M-4やM-5のような音を聴けば、
 オリジナリティを感じさせます。



『cross_the_circle』 Samples



そして10月発売の2作目にも期待。



★アム_aM_26666.org(オフィシャル)
★アム_ニイロクロクロクロクドットオーグ_ブログ(blog)






MOVIE BATON

maynard captive@samiraさんから
(勝手に)MovieBaton受け取りました(笑)
映画好きな私はいてもたってもいられず・・

では、いきます。


★持っているDVD、あるいはビデオの数

いつもwowowなどで録画しているので、
基本的に映画のDVDやビデオを購入することはありません。
よほど気に入った映画だけ残すようにしているので
(未見を含めて)映画一本を、それに数えます。

洋画12本(うち未見4本)、韓国映画3本(全て未見)
ちなみにこの韓国映画は『箪笥』『友引忌』『四人の食卓』
恋愛モノじゃないですよ~全て  ホラー  です。



★あなたのお気に入りの監督、俳優、脚本家などの映画人(5人まで)
(ぇぇー!たった5人ですか・・。)

デビッド・フィンチャー(←ブログ内です)
一番の作品はやはり『SEVEN』でしょうか。
あの世界観は彼にしか出せません。

アルフレッド・ヒッチコック
まだまだ彼の作品で未見のものがたくさんあります!

フランソワ・トリュフォー
今まで観たモノクロ映画で
『大人はわかってくれない』『突然炎のごとく』が好きだったり。

レオス・カラックス
鬱になる恋愛モノいいですね。

S・キューブリック
『シャイニング』は傑作。
ホラー、サスペンスものは映像美が大切なのです・・。


★一番最近に観た映画、DVDも含む

ホラー映画好きの知人と話していて、
ちょっと確認の為に『悪魔のいけにえ』を20年ぶり?くらいに観ました。アレはどうなってアレするんだったっけ・・。



★何度も観てしまう映画、あるいは特別な思い入れがある映画(5本)


『エクソシスト1』
パート2からはお話になりませんが・・。
最近になってディレクターズカット版を観て
改めてウィリアム・フリードキンのすごさを感じました。
今まで観たホラーの中で一番、
ストーリーもしっかりしてるし精神的にきます。

この時代の('73)メイクや特殊技術の手作り感が、逆に怖さを助長。




『エイリアン』シリーズ
映画も好きなのですが、私はH.Rギーガーの絵が
何故か好きなのです。
画集もフィギュアも持ってますごめんなさい。
しかし『エイリアンVSプレデター』には失望させられました。。





雰囲気はガラッと変わって・・

『リトルダンサー』





大抵「イギリスの炭坑の町を舞台にした映画」といえば、暗くやるせないイメージがあるのですが、
不幸ながらも一生懸命生きている人々の姿、
その中で音楽にのって踊る少年が微笑ましく描かれています。
親になって初めて分かる、何ともいえない感動が
タオルをびしょびしょにしました。




『レザボアドッグス』



タランティーノはそんなに好きじゃないけど
この映画は別格。
好きな俳優勢揃いだし、何しろ面白い!
私も密かに知り合いを色の名前で呼ぼうかな。





『フル・モンティ』




"Hot Staff"聴くと、この映画なんですよね。
今までこんなに笑った映画あったかな。



夏なのでこんな内容になってしまいました
まだまだ書き直したい衝動に駆られながら
とりあえずここで終了とします。
長くなりましたが、最後までお付き合いありがとうございました。
また、これからも掘り出し物をどんどん紹介していきたいと思ってマス!
映画好きなお方、(ホラー好きな方でも!(笑)
是非おすすめの映画教えてくだいね。







DJ KICKS

ベルリン発、テクノ・エレクトロニカレーベル【K7】
人気シリーズのリミックス集『DJ KICKS』の紹介です。

DJ-Kicks
DJ-Kicks

一番おすすめしたいのがErlend Oye Remix
彼はKings Of Convenienceの眼鏡の方。
M-①~M-④への流れが個人的には大好きです。
それに懐かしい曲のアカペラ入り。
"Always On My Mind"
"There Is a Light That Never Goes Out"
"Venus"までも。


The Raptureの"I Need Your Love"は、
まるでアソシエイツのビリー・マッケンジー

"It's Fine Day"
コーネリアスの"Drops" (Kings Of Convenuence Remix)もいい感じです。
優しい声が特徴的な彼なので、「唄う」ことを大切にしてるんですね。
とにかく彼のセンスに脱帽です。


『Erlend Oye Remix』 Samples




他の『DJ KICKS』シリーズには・・

DJ Kicks  『Daddy G Remix』  Samples


DJ Kicks

  
  『Nightmares On Wax Remix』


DJ Kicks

  
  『STEREO MC'S Remix』



『Truby Trio』『Tiga』なども。
私の知る範囲での紹介なので、まだまだ掘り出し物があるかもしれません。
手軽にDJ Remixを楽しむには、お薦めのシリーズです!









Profile


Author:NA__roygbiv

Archives
03  03  02  12  09  08  05  04  03  02  01  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03 
ArtistTagCloud

BoardsOfCanada  Epic45  TelefonTelAviv  Tycho  MassiveAttack  Christ.  Clark  Bibio  Autechre  TheRadioDept.  Manual  AlexanderKowalski  鉄コン筋クリート  TOSCA  PinkFloyd  TheAlbumLeaf  te'  DeathCabForCutie  残響レコード  SigurRos  CubeJuice  BIOSPHERE  CARIBOU  Apparat  STYROFOAM  Multiplex  Fujifabric  伊藤潤二  UNDERWORLD  NineInchNails  Mogwai  sonna  Orbital  Labradford  Control  Biosphere  8-BitOperators  Copeland  EBB  ErikMongrain  downy  motek  xtc  aerial  airiel  sleepy.ab  FrozenSilence  Goodbye  arovane  kyte  joydivision  Soundpool  DakotaSuite  Video  UlrichSchnauss  Nobody&MysticChordsOfMemory  PlasticOperator  Savath&Savalas  UNKLE  Portishead  PLUG  SilentHill  KingsOfConvenience  山岡晃  Plaid  FourTet  EF  POPFACE  Skyphone  lostage  BenWatt  Slagsmålsklubben  TheDaysleepers  Jeniferever  Pogo  Caribou  ToroYMoi  Echodrone  KillingBoy  TheSoftMoon  YPPAH  RobinGuthrie  Console  Stateless  LettingUpDespiteGreatFaults  TheFlashbulb  Conelrad  LITE  mono  BoyIsFiction  TommyGuerrero  RjValeo  TheFallofBossKoala  CiaranByrne  StafrænnHákon  TimKoch  BoyInStatic  NosajThing  UnderByen  GAS  CasinoVersusJapan  BoyRobot  NorthernChorus  sgt.  AndersIlar  AmusementParksOnFire  Fieldtriqp  AnotherElectronicMusician  Felt  VariousArtists  euphoria  SecretFrequencyCrew  copeland  YndiHalda  Vessels  Helios  Marumari  

Genres
Comments
Blog Friends(fc2)

Abstract Feelings

ポストロック・デイズ/post rock days
Music Blog


Links
このページのトップへ
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。