スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Postal Service 【Give Up】



Give Up


■The Postal Service net
■sample

お馴染みDeath Cab For Cutieのヴォーカル、ベン・ギバートと
DNTELのジミー・タンボレロによるユニット。

「ハートウォーミング」な部分はデスキャブと同じですが
こちらはちょっと楽しげなエレクトロニカ。
STYROFOAM(ブログ内)にも参加したり幅広く活動を続けているベン・ギバート。
彼の声はとりたてて特徴的というわけではないのだけれど
曲調やジャンルが変わっても、なんとなく「ベン・ギバートらしさ」みたいなものがあります。たぶん、デスキャブが売れた要素には、聴く者を切ない気持ちにさせる彼の声があったからかもしれません。
私はThe Postal Serviceの方が先だったのですが
デスキャブ同様、彼の世界が色濃く出た作品だと思ってます。
まだ未聴の方には、是非お天気の良い日に聴いてもらいたい一枚です。


そして、上の寒そう~なジャケは【We Will Become Silhouettes】EP
SUB POP RECORDSでPVが観られます。




余談ですが、ASIAN KUNG-FU GENERATION presents ROCK’N’ROLL センター試験
に出題された問題によりますと・・

・ベン・ギバートは、幼い頃、父親の仕事の関係で日本に住んでいたが、
その頃、ベンの自宅にあったレコードで、今でもベンがよく覚えているという日本の歌謡曲はどれか?


という問いに対し解答は

※沢田研二「TOKIO」

だったそうです。

唄ってたのかなベン。ん~~~。




スポンサーサイト

The Cure 【faith】

Faith
おそらく、
The Cureのアルバムの中で一番聴いたアルバム。
そして一番好きで、今でも時々聴くアルバム。

一番感受性が強く、世の中を斜めに捉ていた頃。
自分の主張なんか絶対通るはずの無い社会に対し無言の訴え。
見るもの全てが敵。コトバを代弁してくれるのはいつも
「音楽」でしかない。
上辺だけの笑顔で上辺だけの生活。そんなものクソ食らえ・・
親なんて学校なんて、自分には必要無い。みんな消えて無くなってしまえ。

と、思っていた頃によく聴いてました。
犯罪でも犯しそうな十代ですね怖いわこの人。


【faith】「信仰・祈り」と題されたこのアルバムはキュアーにとって4枚目のアルバム。
自分にとっては、1stの【Boys Don't Cry】を来日記念盤として購入した記憶があるので
聴いた順番では3枚目。
ちょうどその頃、イアン・カーティス亡き直後だっただけに
このアルバムがJoy Divisionと比較され注目を浴びていたのを記憶してます。
【Pornography】のおどろおどろしい雰囲気から、
淡々としたギターサウンド中心の【Seventeen Seconds】
そしてこの【faith】で「もう頂点か?」のように思えた・・。


ずっとこの路線でやってくれるもんだと思っていました。


勿論後にも良いアルバムはたくさんありますが
ロバート・スミスが派手(!)になるにつれ、実は飛び飛びでしか
キュアーのアルバムを聴いてません。
しかしその中で、1アルバムにつき1曲はツボな曲があり、
それはいつも初期の3枚のアルバムにリンクしてたりします。
そこでいつも【faith】にリバース。

今でいうアンビエントな音。この頃からシンセ使用も目立ってます。
"Holy Hour"で始まる深く響くベースラインに
"All Cats Are Grey"の淡々と流れていく神聖な空気
"Drowning Man"水底に引きこまれていくボーカル
▼sample



今の自分には何も信仰するものは無いけれど
当時このアルバムを信仰してたことだけは確かなようです。

しかし「頂点か?」と思ったあの日から20年以上経ってるのに
まだ続けているなんて、キュアーはやはりすごいバンドなんだなと・・。







BOC - dayvan cowboy PV

鳥になったり魚になったりすることができます。

ダウンロードされる方は大正おかん座さんのところから。

You Tubeでも公開されていたので
速攻観たい!方は ↓




そして、6月にリリースされるBOC -【Trans Canada Highway】からの新曲
"Skyliner"の試聴です。


この映像は、まさに自分の思い描いていた通り。
BOCの音には、どんなに小さな部屋で聴いていても
光、影、山、緑、空、海、といった
ごく身近な、かつ壮大な自然に触れさせてくれる不思議な力があります。
そこで恐ろしくリラックスしてしまい、ついには催眠術にかかってしまうという…。


このPVの注目すべきは、カメラ(自分)の視点。
パラシュートで落ちていく様は、それを撮るカメラマンの視点に加え
落ちている本人の視点なのです。
上を見たり地上を見たりクルクル風景が変わる。
空のダイブも海のダイブも、ましてやサーフィンも
誰でも経験したことがあるわけではないけれど
まるで自分が飛んだり泳いだりしているかのような錯覚に陥ってしまうのです。

そこへタイミング良く撮し出される空を悠々と飛ぶ鳥、流れる雲、輝く水面。
波の向こうに透き通って見える超人…

まさにBOCの世界を忠実に表わしているいつまでも見ていたいPVです。



BOC繋がりということで
You Tubeで、も一つ気になったPVを。



BeckのGuerolito(Gueroのリミックスアルバム)の中の曲
Broken Drum [Boards of Canada Remix]
を使った?ビデオ。
タイトルは"As You Were"

よく見るとこの国は・・




ひたすらに歩き続ける登場人物。
どの場面でも、カメラはその人物との距離を保って撮り続けています。


■As You Were - Production Notes
こちらでメイキングやキャストの紹介がされています。





Nine Inch Nails最新リミックスEP、曲追加で日本盤リリース

Nine Inch Nailsのアルバム【With Teeth】からの曲
"Every Day Is Exactly The Same"をメイントラックとしたリミックスEPが
本国アメリカで一足お先にリリースされましたが
日本盤では2曲のボートラ収録で5/24にリリース決定した模様です。


"Every Day Is Exactly The Same"とはこんな曲→ ■MYSPACE MUSIC


リミックス陣はどんな顔ぶれかというと・・

"DFA"(ケミブラ,ゴリラズのリミックス)
"Richard X" (マドンナ,ニューオーダー"BIZARRE LOVE TRIANGLE"などリミックス)
"Photek" (過去にもNINの"A Warm Place"のリミックス)
と、テクノハウス好きにはお馴染みの面々。
そして、
"Sam Fog vs.Carlos(インターポール!)・ミック"
と、インダストリアルロックとは畑違いの人々。



【Everyday Is Exactly the Same】
Everyday Is Exactly the Same

←こちらはUS盤。


日本盤はこれに加え
6 Hand That Feels (Dub Instrumental Mix)
7 Love Is Not Enough (Live at Rehearsals) 収録。

-♪sample-


これまでにもテクノリミックスやアンビエントリミックスなど
EPとしてリリースされましたが
今回はフロア向け中心。
意外とNine Inch Nailsのリミックスは完成度高しです。






TAG :
NineInchNails

Couch 【Profane】

couchCouchはドイツで93年に結成されたバンド。
パンクバンド出身のたった2人でのスタートでしたが、95年加入のサポートメンバー、96年のDr.の加入により、序々にCouch独自の音世界を確立させていきました。

ジャンルとしてはポストロックの域に入ると思うのですが、エレクトロニカ好きな私にとっては、暖かみのあるエレクトロニカに近いポストロック。叙情的なメロディがオルガンで奏でられ、チェンバロ、トランペットを導入した音作りは、それこそカウチにでも座ってくつろぎたい時に最適な音に仕上がっています。
といっても、私の好きな曲は2-Alle Auf Pauseや6-Kurzer Punktのように
ドラムがドコドコいっているような曲なのですが・・。
とにかく、ドイツにもこんないいバンドがいたのか!とびっくりさせられた1枚です。




【Profane】
Profane

1. Plan        5. Meine Marke
2. Alle Auf Pause   6. Kurzer Punkt
3. Was Alles Halt   7. Doch Endlich
4. 12 Sind Nur 4    8. Farbe

■7. "Doch Endlich" mp3(ダウンロードできます)

■MYSPACE MUSIC

■その他の曲サンプルはコチラ

■Matador Records | Couch





Profile


Author:NA__roygbiv

Archives
03  03  02  12  09  08  05  04  03  02  01  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03 
ArtistTagCloud

BoardsOfCanada  Epic45  TelefonTelAviv  Tycho  MassiveAttack  Christ.  Clark  Bibio  Autechre  TheRadioDept.  Manual  AlexanderKowalski  鉄コン筋クリート  TOSCA  PinkFloyd  TheAlbumLeaf  te'  DeathCabForCutie  残響レコード  SigurRos  CubeJuice  BIOSPHERE  CARIBOU  Apparat  STYROFOAM  Multiplex  Fujifabric  伊藤潤二  UNDERWORLD  NineInchNails  Mogwai  sonna  Orbital  Labradford  Control  Biosphere  8-BitOperators  Copeland  EBB  ErikMongrain  downy  motek  xtc  aerial  airiel  sleepy.ab  FrozenSilence  Goodbye  arovane  kyte  joydivision  Soundpool  DakotaSuite  Video  UlrichSchnauss  Nobody&MysticChordsOfMemory  PlasticOperator  Savath&Savalas  UNKLE  Portishead  PLUG  SilentHill  KingsOfConvenience  山岡晃  Plaid  FourTet  EF  POPFACE  Skyphone  lostage  BenWatt  Slagsmålsklubben  TheDaysleepers  Jeniferever  Pogo  Caribou  ToroYMoi  Echodrone  KillingBoy  TheSoftMoon  YPPAH  RobinGuthrie  Console  Stateless  LettingUpDespiteGreatFaults  TheFlashbulb  Conelrad  LITE  mono  BoyIsFiction  TommyGuerrero  RjValeo  TheFallofBossKoala  CiaranByrne  StafrænnHákon  TimKoch  BoyInStatic  NosajThing  UnderByen  GAS  CasinoVersusJapan  BoyRobot  NorthernChorus  sgt.  AndersIlar  AmusementParksOnFire  Fieldtriqp  AnotherElectronicMusician  Felt  VariousArtists  euphoria  SecretFrequencyCrew  copeland  YndiHalda  Vessels  Helios  Marumari  

Genres
Comments
Blog Friends(fc2)

Abstract Feelings

ポストロック・デイズ/post rock days
Music Blog


Links
このページのトップへ
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。