スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Fall of Boss Koala

The Fall of Boss Koala

スコットランド発ボスコアラの秋…

直訳して秋の気配に浸るような音楽ではない。
そのような気分にさせてくれるフレーズも無いこともない。
でもこれはとっても好き嫌いの分かれる音楽のジャンルだと思う。


国は変わるが日本のマキシマムザホルモンを初めて聴いたとき、
後ずさりしながら「こいつらはズルい」と思った。
見てくれとかジャケがどうこうはさておきデスメタル調の音にダミ声の叫び、
一体何が始まったんだと思った瞬間
メロディアックなフレーズがヤマ場でアガりきっていた空気を沈める。
人気の秘密とはその確信犯的な音と、あとはきっとライブの楽しさなんだろうけど
それとはかけ離れたところで、その叫びを音として捉え聴いてみると
意外にそのジャンルの音楽も面白いことに気付いた。
今までデスメタル、スクリーモというジャンルを聴いたことが無かったから新鮮だったんだろう。

ボスコアラの話に戻る。
これも叫び系だけど非常にズルいバンドだ。
マイスペなどには「歌詞を教えろ」というファンからのコメントがあるが
歌詞なんか知らなくたっていいと私は思う。
GY!BEやMogwaiに影響された彼等のバックでは
エモーショナルでしかも壮大なポストロックが交差しており、
『叫び』は静と動の繋で効果的に使用されているからだ。
ヴォーカルとして捉えないほうがいいだろう。

ホルモンにしろenvyにしろ、最近では9mmにしろ
『叫び』を上手く取り入れて一つの音として鳴らし劇的に展開する手法が流行りなのかな。
ちなみに9mmは適当になんか叫んでるらしい嘘かホントか。




タイトル
「マイクぶっ壊れるまで」


the fall of boss koala - no everything's not alright




▼The Fall of Boss Koala myspace




スポンサーサイト

TAG :
TheFallofBossKoala

ピンク・フロイドのキーボード奏者、リチャード・ライトが死去

世界的人気を誇る英プログレッシブバンド、ピンク・フロイドの結成メンバーの1人で、
キーボード担当のリチャード・ライト氏が15日、癌のため死去した。65歳だった。



たぶん私が、一番初めに「音響系」と呼ばれる音楽を聴いたのは
ピンク・フロイドだと思う。
「歌」ではなく、「ビート」でもない
心に残ったのはリック・ライトのキーボードが織り成す
あの特徴的な音なのだと思う。
"The Great Gig In The Sky"の壮大な楽曲は子供心にショックだった。
聴きやすい"Summer '68"は幾度となく耳にした。


また2年前の夏のように、フロイドを聴くかな。
(初期メンバーであるシド・バレットは2006年7月に他界)





Rest In Peace, Rick.




「音楽を汚すものは、悦楽でも、惰性でも、官能でも無い。 現実が要求する打算と、経験から生まれる熟慮、それに反省。 現実を汚す音楽を救えるものは、受取手の無垢という表現」

te.jpg


te' の3rd albumリリースツアーのタイトルです。
これは普段言いたいことを表現したいけれど、気の効いたボキャブラリーも無く時間も無く
ただ悶々と音楽だけを聴いてる私にとってあまりにも衝撃的な言葉です。
ちなみにアルバムタイトルはというと

「まして、心と五感が一致するなら全て最上の『音楽』に変ずる。」

すいません、私、嫌いな音楽を今まで批判しすぎてました。
いやここではなく。
知らず知らずのうちに汚してました反省してます本当に失礼。

でもこれってよく考えてみると、作り手側の意思というか
経験を積んだ人間にしか分からない、澱んだ尊重なんじゃないだろうかと思うんです。
毎回フェスに行って気付くことだけど、つくづく聴き手は純真無垢で…
その無垢な心が演奏する側の迷いととまどいのくすみを無くし音楽を最上の物にする。
きっとこれは彼等からリスナーへの感謝のメッセージなんだと思います。

te' は今までライブに行くチャンスが幾度かありましたが
一体いつになったら実現するんだろうと思っているバンドの一つ。
耳キーンになってもいい。凄まじい轟音の渦に囲まれ、繊細なフレーズのギターに立ち尽くしてみたいです。是非。
あと、よく聴いてるとベースラインが面白いです。はい。




"言葉を用いて奏でる者は才能に在らず、ただの記憶に『過』ぎぬ"


このタイトルは、歌を必要としない表現者である彼等のオリコンチャートを賑わす音楽への挑戦状とみた。




◆1st
ならば、意味から解放された響きは『音』の世界の深淵を語る。


◆2nd
それは、鳴り響く世界から現実的な音を「歌」おうとする思考。


◆3rd 10/08 release
まして、心と五感が一致するなら全て最上の「音楽」に変ずる。
まして、心と五感が一致するなら全て最上の「音楽」に変ずる。




▼official web site
http://tee.daa.jp/

▼MYSPACE
http://www.myspace.com/temyspace

▼特設サイト
http://www.te-sound.com


TAG :
te'
Profile


Author:NA__roygbiv

Archives
03  03  02  12  09  08  05  04  03  02  01  10  09  08  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03 
ArtistTagCloud

BoardsOfCanada  Epic45  TelefonTelAviv  Tycho  MassiveAttack  Christ.  Clark  Bibio  Autechre  TheRadioDept.  Manual  AlexanderKowalski  鉄コン筋クリート  TOSCA  PinkFloyd  TheAlbumLeaf  te'  DeathCabForCutie  残響レコード  SigurRos  CubeJuice  BIOSPHERE  CARIBOU  Apparat  STYROFOAM  Multiplex  Fujifabric  伊藤潤二  UNDERWORLD  NineInchNails  Mogwai  sonna  Orbital  Labradford  Control  Biosphere  8-BitOperators  Copeland  EBB  ErikMongrain  downy  motek  xtc  aerial  airiel  sleepy.ab  FrozenSilence  Goodbye  arovane  kyte  joydivision  Soundpool  DakotaSuite  Video  UlrichSchnauss  Nobody&MysticChordsOfMemory  PlasticOperator  Savath&Savalas  UNKLE  Portishead  PLUG  SilentHill  KingsOfConvenience  山岡晃  Plaid  FourTet  EF  POPFACE  Skyphone  lostage  BenWatt  Slagsmålsklubben  TheDaysleepers  Jeniferever  Pogo  Caribou  ToroYMoi  Echodrone  KillingBoy  TheSoftMoon  YPPAH  RobinGuthrie  Console  Stateless  LettingUpDespiteGreatFaults  TheFlashbulb  Conelrad  LITE  mono  BoyIsFiction  TommyGuerrero  RjValeo  TheFallofBossKoala  CiaranByrne  StafrænnHákon  TimKoch  BoyInStatic  NosajThing  UnderByen  GAS  CasinoVersusJapan  BoyRobot  NorthernChorus  sgt.  AndersIlar  AmusementParksOnFire  Fieldtriqp  AnotherElectronicMusician  Felt  VariousArtists  euphoria  SecretFrequencyCrew  copeland  YndiHalda  Vessels  Helios  Marumari  

Genres
Comments
Blog Friends(fc2)

Abstract Feelings

ポストロック・デイズ/post rock days
Music Blog


Links
このページのトップへ
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。